少年コミック大全 別館 いろいろベスト10

本館で紹介している少年漫画雑誌の作品をおススメしています。

4P田中くん

作者 川三番地
原作者 七三太朗
掲載誌週刊少年チャンピオン
掲載期間 1986年30号~1996年24号
話数全459話
巻数全51巻
設定★★★
キャラ ★★★★
ネーム★★★★
画力★★★

『1%の才能しかなくたって 99%の努力があればおぎなえる』

作品解説

名門の栄興学園野球部には、全国から監督推薦を受けた中学時代に名を知られた選手ばかりが集まってきていた。その中に、明らかに場違いなチビの生徒がいたのだが、八戸中の間違いで九戸中の同姓同名の田中球児がきてしまったのだった。田中球児は、実技テストでも散々な結果だったが、監督側に間違えた責任があることもあり、厳しい練習で自主的に辞めるだろうとそのまま入部を認める。しかし球児は、持ち前の明るさと根性で次第に実力をつけていくのであった。
ダメ選手が努力でメキメキ力をつけていくという王道の野球漫画だが、これまでの高校野球漫画があまり描かなかった、高校野球のリアルな現状(半プロ化など)を描いているという点が画期的。以後、野球漫画を連作していくコンビの初作品。ちなみに4Pとは、大人のお店でよく見かける意味ではなく、4番ピッチャーという意味。

関連作品連想作品いこうぜ!! 球人
前作弾ちゃん次作どついたるねん!

講談社
全9巻